経済

ピザハウス復活 来年2月 浦添市港川に開店

 道路新設工事に伴い2010年12月から閉店していた浦添市城間の老舗洋食レストラン「PIZZA HOUSE(ピザハウス)」の新本店が17年2月に同市港川の外人住宅街「港川ステイツサイドタウン」に開店する。

 元米総領事館を改装した城間本店の外観を踏襲し、クリーム色を基調とした優しい色合いの外壁に、屋根はスペイン瓦を使用する。内装は米国ラスベガスなどにあるイタリアンレストラン「ブリオ・トスカン・グリル」をモチーフに、開放感あふれる造りとなっている。

 建物は2階建てで、延べ床面積は1190平方メートル。敷地面積は2314平方メートル。1階部分は約70台が止められる駐車場として整備する。レストランは「ダイニング」「バーラウンジ」「パーティールーム」の3種類を用意し、総席数は200。施設内には、自家製の生ハムやソーセージ、ワインなどを販売する売店も併設する。

 ピザハウスの坂本昭司社長は「程よい高級感を持ちながらカジュアルな雰囲気もあり、家族や友人と食事を楽しめるレストランにする。肉料理を筆頭にピザハウスでしか味わえない料理と最高のホスピタリティーをモットーにピザハウス本店が生まれ変わる」と話した。


2017年2月に開店予定の老舗洋食レストラン「PIZZA HOUSE(ピザハウス)」新本店の完成イメージ図