国際

【中国】福建師範大が連覇 現地4大学競うエイサー大会

福建師範大学など現地4大学が演舞を競い合ったエイサーチャンピオンシップ大会=2016年12月4日、福建省福州市の福建博物院横広場

 福建師範大学など現地4大学による第2回エイサーチャンピオンシップ大会(沖縄県、県産業振興公社主催、福建省外事弁公室、県文化振興会、沖縄観光コンベンションビューロー協力)が2016年12月4日、福建省福州市の福建博物院横広場で開催された。福建師範大学、〓江学院、華僑大学、福州大学から、合計で41人の学生が参加。昨年度に続き福建師範大学が優勝した。多くの市民が勇壮なエイサーの演舞を興味深そうに見ていた。

 小学生サークル、中学生サークルによる演舞もあった。沖縄からの招聘(しょうへい)チームとして、昨年度の世界エイサー大会の覇者「鼓衆若太陽」もエイサーを披露した。現地の大学生から大歓声が上がった。各チームの演舞が終わると、最後は全員で「唐船ドーイ」を踊って大会を締めくくった。

 大会の審査委員長は文化振興会の平田大一理事長が務めた。大会と併せて観光PRや県産品の試食・試飲などもあり、訪れた行楽客が沖縄の自慢の味に舌鼓を打つなど、沖縄を総合的にPRする機会となった。

 また、ざまみダンボール社から提供のあったダンボールでパーランクーの製作体験もあり、子どもから大人まで楽しんでいる様子だった。(小谷良太通信員)

※注:〓は門ガマエ「虫」

英文へ→China – Fujian Normal University wins second straight Eisa Championship