<金口木舌>はしごを外そうとする者

 きょうから新年の仕事始めだが、業務中に年越しを迎えた人、元日出勤の人がいる。年末年始を安心して過ごすことができたのは24時間態勢で働く人に支えられている。新年のあいさつは感謝の言葉から始めたい

▼消防職員もその1人。休業日はないが、節目を重んじる。江戸時代に始まった消防出初め式は、この時季の風物詩。石垣市では、はしご乗りも披露される
▼昨年の首里城火災で人命の被害がなかったのは不幸中の幸いだが、沖縄には大型ホテルや大型商業施設の建設が相次ぎ、1万人規模のアリーナや大型MICEも控える。防火に加え大規模な消火、救助活動への備えが必要だ
▼戦後75年の歩みの中、見上げる建物は増えた。沖縄が日本復帰した1972年、沖縄開発庁が発足し、振興策や首里城復元事業を任せられる。2001年のきょう、省庁再編で内閣府沖縄担当部局となった
▼41代続いた沖縄開発庁長官は故・橋本龍太郎氏が最後。「新世紀は沖縄にとってより良いものにしたい」。省庁再編後、初代沖縄担当相就任時に語った。米軍普天間飛行場の返還を決断した元首相の目に今の沖縄はどう映るか
▼沖縄への振興策に伴い政府は沖縄の自主性の尊重をうたうが、普天間の早期返還は新基地建設にすり替えられ、予算を締め付けて建設に反対する県をゆさぶる。真の自立へのはしごを外されてはなるまい。


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス