<金口木舌>ウイルスのやいば

  読み方は同じだが親の兄は伯父、弟は叔父と書く。迷ったら兄・伯夷(はくい)、弟・叔斉(しゅくせい)の話を思い出したらいいと高校の授業で教わった。古代中国の王の子だ。司馬遷の「史記列伝」に出ている

▼父の死後、王位を譲り合った末、互いに国を出る。仁義に背くことをいさめようと決死の行動を取った。戦争を起こす他国の王に命を懸けて意見し、最後は餓死した
▼「五輪に行かせてください」。意に反する事態への選手たちの正直な気持ちの表れだった。1980年の今ごろだ。モスクワ五輪に参加すべきか。5月末のエントリー締め切りを前に40年前の日本は揺れた
▼ソ連のアフガニスタン侵攻に抗議し、米国が各国に不参加を呼び掛けた。柔道の山下泰裕選手らの嘆願もむなしく、日本はボイコットを決めた。4年後のロス五輪で山下選手は優勝し、体操の具志堅幸司選手は金銀銅と五つのメダルを獲得した
▼今回は事情が違う。前例のない延期だ。ピークを1年ずらし、状態を維持しなければならない。全国高校総体は中止が決まった。機会を奪うだけでなく、愛する人の命まで奪う新型コロナウイルスの猛威
▼伯夷・叔斉のように報われない者がいることに、司馬遷は「天はえこひいきしないというのは正しいのか」と問うた。ウイルスは誰彼の別なくやいばを向ける。今は隠忍自重して嵐の過ぎ去るのを待つしかない。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス