<金口木舌>契約は公約

 新型コロナウイルスはドラマの撮影現場も中断に追い込んだ。大手テレビ局は過去の人気作の再放送で乗り切る。4年前に社会現象にもなった「逃げるは恥だが役に立つ」の特別編が放送中だ

▼主演は県出身の新垣結衣さん。派遣切りにあった家事代行の女性が主人公で、恋愛経験ゼロの男性と契約結婚をするラブコメディー。女性が家事を担うのは当然という旧来の価値観を風刺した
▼ドラマの影響か、婚前契約も注目された。法的に有効な家庭の決まり事を結婚前に決める。家事の分担だけでなく親戚付き合いの在り方までペアそれぞれのルールを定める。財産分与や養育費など、離婚後を想定する例もある
▼結婚の前段となるお見合いも多様化する。街コンやインターネットを介して理想に近い人を探すようになった。その動きは選挙にも。きょう投開票の沖縄県議会議員選挙に向け、琉球新報と琉球大は「りゅうVOTE」に取り組んだ
▼候補者が回答した同じ質問にネット上で答えることで、各候補者との考えがどれだけ近いかが分かる。選挙に関心を持ってもらおうと企画した。結果は利用者のみに示される。ぜひ活用してほしい
▼選挙という仕組みを通じて、有権者は候補者と新たな4年間の契約を交わす。契約内容とは公約である。機会があるにもかかわらず一票を投じないのは政治家への白紙委任にほかならない。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス