<金口木舌>窓

 漢和辞典「漢字源」(学研)によると、空の部首「穴」には「ほらあな」の意味があり、冠の場合は「あなかんむり」と呼ぶ。漢字「窓」は明かりや空気を通す穴であり、転じてその部屋を表す。勉強をする場所の意味もあり「同窓会」のように使われる

▼宜野湾市の普天間第二小学校グラウンドに、隣接する米軍普天間飛行場の所属ヘリが鉄製の窓を落下させた事故から、きょうで3年。子どもたちの学びやを脅かしながら米軍機の飛行訓練は続いている
▼トレーラー車からクレーン車、タイヤ。ドラム缶や水入りボトル。いずれも米軍機から私たちの頭上に落ちてきたものだ。つり下げやパラシュート降下などの米軍訓練の際、目標地を外れた落下事故も過去頻繁に起きた
▼名護市安部沖の米軍オスプレイ墜落から4年。過密化した沖縄の空で訓練が続く限り、墜落や落下の恐怖はやまない。事故の度に沖縄は再発防止を求めるが反映されない。米軍の窓は閉じているようだ
▼窓落下事故から3年を前に11日、普天間第二小は集会を開いた。知念克治校長は危険回避能力を高めるため「怖いと思ったら逃げよう」と児童らに呼び掛けた
▼ある児童は集会後の感想文を書いている途中、普天間飛行場からの航空機騒音に耳をふさいだ。「ヘリや飛行機が飛ばない空の下で思いっきり遊びたい」。集会の動画で流された児童らの願いだ。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス