<金口木舌>困難を乗り越える力

 プロ野球・中日の又吉克樹選手が新人時代、沖縄キャンプに参加したときのこと。意気込みを聞くと「エリートには負けない」と語った。甲子園や大学野球で注目され、鳴り物入りでプロになった選手を意識して決意を込めたのだろう

▼高校時代は控え選手で甲子園の出場はない。大学で力を伸ばしプロ入りを目指したが、かなわなかった。野球にけじめをつけようと独立リーグに進み、そこで結果を出して中日入団をつかんだ
▼ソフトバンクのリチャード選手(沖縄尚学高校出)は1軍の試合に出場できない育成選手としてプロ生活をスタートした。入団時に「チャンスを逃さない」と誓った。持ち前の打撃力を磨き、1軍の試合で本塁打を放つ強打者に成長した
▼又吉選手もリチャード選手も華やかな実績に満ちた「エリート」ではなかった。憧れの舞台に立つまでに回り道もした。苦しいときでも気持ちを切らさず練習を続けたはず。その姿はどんなスター選手よりも輝く
▼11日にプロ野球ドラフト会議が開かれ、県勢選手の指名も期待される。本紙の連載「球界への挑戦」では指名を待つ県勢選手に迫った。夢の実現に向けて一人一人が熱い思いを抱く
▼どんな状況でも未来を見据えて前進するスポーツ選手からは勇気をもらえる。コロナ禍の今ならなおさら。必ず道は開けると信じて厳しい時代を乗り切りたい。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス