<金口木舌>民衆の知恵

 中米ホンジュラスなどから徒歩で米国を目指す移民集団が約7千人に膨れ上がっている。SNSでの呼び掛けなどに呼応して人数が増え、メキシコまで到達しているという

▼ホンジュラスは昨年の大統領選で開票作業の不透明さが指摘されるなど、不安定な政情が続く。同国を含む中米諸国では犯罪組織の取り締まりの遅れから治安も悪化し、市民生活は混乱しているという
▼トランプ米大統領は彼らを「不法移民」と批判し、入国を阻止する構えだ。「米国第一主義」が席巻した2年前の大統領選挙以降、欧州で移民排斥を掲げる政党が躍進するなど排外主義が広がる。日本でも在日外国人への悪質なヘイトが見られ、人ごとではない
▼政治学者の栗原康さんは著書「現代暴力論」で国家は「恐怖のイメージをふりまいて人びとをしたがわせる」と指摘する。民衆がデモなどによって力を行使することで国家による力の独占を解体することが大切―という主張は説得力がある
▼力を持たない市民が手続きを経ずに国境を越えようとすれば、国家にたちまち阻まれる。大人数で押し寄せる手法は自由を求める民衆の知恵だろう
▼貧困や犯罪などで人権が脅かされる事態を恐れ、他国へ逃れる人々は紛れもない難民だ。国家が弱い立場の人を「不法」と切り捨てるのなら、国家の下で暮らす人々にとっても人ごとでは済まない。




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス