<金口木舌>銃を規制しない愚

 「銃が人を殺すのではない。人が人を殺すのだ」。米国では銃乱射事件が起きても、こうした主張が繰り広げられる

▼昨年10月にラスベガスで起きた銃乱射は史上最悪の58人の犠牲者を出した。2月にもフロリダ州の高校で乱射事件が起き17人が亡くなっている。高校生らによる抗議行動が広がった
▼米ギャラップ社の3月の世論調査では、銃販売の規制強化を支持する国民が1993年以降最多の67%に上った。トランプ政権は連射を可能にする特殊装置の規制を3月に発表したが、実現していない。トランプ氏にも献金するロビー団体・全米ライフル協会が絶大な影響力を持っているからだ
▼銃を売って利益を上げる業界。業界から献金を受ける政治家。両者の利害が一致しているせいか、連射装置の販売さえ禁止できない。米国では年間3万人超が銃弾で命を落とす。国の抱える宿痾(しゅくあ)なのだろうか
▼7日にロサンゼルスで起きた銃乱射で12人を殺害したのは沖縄にも勤務したことのある元海兵隊員。心的外傷後ストレス障害(PTSD)だった可能性があるという。4年前には北谷町のキャンプ桑江の居住地区でライフル銃を持った海兵隊員が自宅に立てこもる事件があった
▼幸いなことに、銃刀法で所持を厳しく規制している日本では銃器による犯罪は少ない。米国は銃を野放しにする愚をいつまで続けるのだろう。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内