<金口木舌>ヘルプマーク

 女性お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」はテレビのバラエティー番組などで活躍し、人気上昇中だ。4月には中城村の児童にコントを指南した。コンビの一人よしこさん(28)に脳腫瘍が見つかり、治療のため今月休養を発表した

▼当方の妻も脳腫瘍を患った。再発もあり30代で2度の開頭手術を受けた。よしこさんと同じく良性だったが、腫瘍が原因で右耳が聞こえなくなった。同じ疾患の知人も片側の聴力を失った

▼妻は気圧の変化に敏感になり台風が近づくと体調を崩すことも。めまいでふらついたり寝込んだりする。会話がしやすいように妻の左側に座るようにしている。事情を知らない人には片側が聞こえないことを当方から説明する

▼外見からは分かりにくい障がいや症状がある人、妊娠初期の人などのためのヘルプマークの配布が10月、県内で始まった。赤地で白のハートと十字のデザイン

▼東京都が2012年度に考案し、今年9月までに32都道府県が導入した。県内でも5千個を用意した。希望者は市町村に申請すれば無料でもらえる。障害者手帳の所持者でなくても使える

▼課題は認知度の向上。20年の東京五輪・パラリンピックに向け案内用図記号に追加された。都はホームページで利用者や支援者の声も伝える。見かけた場合は席を譲ったり、見守ったりしてほしい。「困ったときはお互いさま」と。