<金口木舌>百折不撓

 ハーランド・デーヴィッド・サンダースという男性は40歳の頃、経営を始めたレストランで成功を収めた。だが苦難が続き65歳で財産をほとんど失う

▼そこで力を入れたのが人気メニューの作り方を教える代価として、売り上げの一部を受け取る手法。フランチャイズビジネスだ。70歳を超えていたが自ら商品を車に積んで各地を回るなど努力を重ねる。男性はカーネル・サンダースとして知られる。ケンタッキー・フライドチキンは今や全世界で親しまれている
▼「中年の星」がついに栄冠を手にした。将棋の第60期王位戦7番勝負最終局で豊島将之王位(名人)を破り、王位を獲得した木村一基九段だ
▼46歳3カ月での初タイトルは、9歳近く更新する史上最年長記録だ。1997年4月の四段昇段以降、6回タイトルに挑戦したが手が届かなかった。初タイトル奪取までの挑戦回数7回も史上最多
▼棋風は守りと粘り。卓球で例えると受け主体のカットマンで、将棋会館の所在地にちなみ「千駄ケ谷の受け師」と呼ばれる。座右の銘は何度失敗しても挑戦するという意味の「百折不撓(ひゃくせつふとう)」。まさに体現した
▼会見での涙は信念を貫く木村九段を支えた家族への思いと、積み重ねてきた努力が酬われたことへの喜びがあふれたのだろう。「人生は自分でつくるもの。遅いということはない」。サンダースの言葉だ。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス