有料

米長官、激痛訴え救急搬送


米長官、激痛訴え救急搬送

 オースティン米国防長官=2023年12月、イスラエル・テルアビブ(ロイター=共同)

この記事を書いた人 琉球新報社

 【ワシントン共同】オースティン米国防長官(70)が自身の入院をバイデン大統領側に伝えていなかった問題で、CNNテレビは7日、オースティン氏が1日に激痛を訴え、救急車でワシントン近郊の病院に搬送されていたと報じた。2日にオースティン氏の職務の一部を代行したヒックス副長官も入院の事実を知らされていなかったという。

 多くの安全保障上の危機を抱える米国防トップでありながら、軍最高司令官の大統領や自身の代行を務めた部下にも健康状態の悪化に関する情報を伝えなかったことに疑念の声が上がっている。

 国防総省のライダー報道官によると、オースティン氏は休暇中だった昨年12月22日に医療処置を受け翌日、帰宅。今年1月1日に痛みを訴え、救急車でワシントン近郊のウォルター・リード軍医療センターに搬送され、集中治療室に入った。

 軍制服組トップのブラウン統合参謀本部議長は2日に入院を知らされたが、ヒックス氏やサリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は4日まで通知されなかった。他の国防総省の幹部は5日にメールで知らされた。

 当時休暇中でプエルトリコにいたヒックス氏は5日に急きょ首都ワシントンに戻ろうとしたが、オースティン氏が病院から執務を再開できる見通しとなったため、そのまま滞在を続けたという。

 ライダー氏は7日の声明で、オースティン氏の容体について「順調に回復しており元気だ」とする一方で、具体的な退院日は不明だとした。オースティン氏は6日にバイデン氏と電話で話した。