政治

首里城再建は「目に見える形で参画」 会見で玉城知事 所有権も国と論議

記者会見で首里城再建の在り方などについて話す沖縄県の玉城デニー知事=15日午前、県庁

 沖縄県の玉城デニー知事は15日の定例記者会見で、首里城再建の在り方について「首里城はウチナーンチュのアイデンティティーだ。国に任せきりにするのではなく、目に見える形で(再建に)参画できる形をつくっていきたい」と述べた。

 県内から国に頼らず県予算や寄付金で再建し、県が所有権を持つべきだとの声が上がっていることについては「管理権は県に移っているが、所有者が国だということは変わりはない。多くの県民の『自分たちの手で』という思いをしっかり受け止め、国営公園として(所有権を)今後どのようにしていくか、議論していく必要がある」と話した。【琉球新報電子版】




関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス