経済

りゅうちぇるさんも来た♡「キラキラしていて楽しい」熱気、興奮 サンエーパルコ開業

H&Mを訪れた買い物客とハイタッチするタレントのりゅうちぇるさん(左)=27日、浦添市西洲

 27日に開業した沖縄県内最大級の商業施設「サンエー浦添西海岸パルコシティ」(浦添市西洲)。初日から人の波がどっと押し寄せ、広大なフロアに「キラキラしていて楽しい」と熱気と興奮に包まれた。一方、周辺道路や駐車場は午前中から大混雑し、来店者から「甘く見ていた」との声も漏れた。

 前日の大雨とは打って変わって朝から晴れ、オープン2時間前には入り口に行列ができていた。先頭は市内の大学生、金城諒さん(20)。2015年のイオンモール沖縄ライカムの開業時には、自転車で朝から北中城村まで向かったが出遅れたという。今回は「リベンジ」といい、「一生に一度の機会。一番初めにオープンを見てみたい」と、前日夜8時から並んだ。

 午前9時、開店のアナウンスとともに、人の波が店内へ。衣料ブランド「H&M」の前に早速、人だかりができた。オープニングイベントに登場した県出身タレント、りゅうちぇるさんがはじけるような笑顔で客とタッチを繰り返した。

 りゅうちぇるさんと一緒に買い物をする権利を手にしたのは沖縄市の呉屋若菜さん(30)。午前5時半にパルコに到着した。「すてきな服を選んでもらった」と満足そうだった。

 県内初出店の94店舗のうち、親子連れが目立ったのはベビー用品を扱う「アカチャンホンポ」。生後4カ月の息子を連れた山城一樹さん(29)=宜野湾市=は「品ぞろえが豊富。今後、利用が多くなりそう」とお尻拭きを買っていた。

 最新鋭システムを備えた映画館も話題に。「ジュラシック・ワールド」を鑑賞した吉田陽一さん(25)=沖縄市=は「その場にいるかのような臨場感だった。また来たい」と声を弾ませた。

 一方、読谷村から訪れた松田加代子さん(72)は「すごい混雑で、あまりに広すぎて」と疲れた様子。午後8時になっても満車が続くなど、終日、人と車でにぎわっていた。