社会

11日に大東島接近も 大型で猛烈な台風19号

 大型で非常に強い台風19号は7日、大型で猛烈な台風へと発達し、同日午後6時現在、マリアナ諸島を時速30キロの速さで西北西に進んでいる。気象庁によると、沖縄地方では10日から12日にかけて大しけとなる恐れがある。11日ごろに大東島地方に接近し、大荒れの天気となる恐れもあり、暴風や大雨への警戒が必要になる可能性がある。

 7日午後6時現在の台風の中心気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートルで中心から半径190キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。また中心の東側650キロ以内と西側440キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。