スポーツ

オリックスが興南・宮城大弥を1位指名 「地元に恩返ししたい」 プロ野球ドラフト会議【コメント付き】

興南高校の宮城大弥投手

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が17日、東京都内で行われ、興南高校の宮城大弥投手がオリックス・バッファローズから1位で指名された。

 宮城は嘉数中3年、興南高3年でベースボールワールドカップの日本代表に選出され、活躍してきた。興南高では1年からメンバー入りし、1、2年生と夏の全国高校野球選手権に出場した。最速149キロの左腕。

 宮城のコメント
「本当にただただうれしかった。普段通り緊張せずに待てた。チームに支えられた部分があるので、地元に恩返しできるように頑張りたい。オリックスには、若い選手がたくさんいるので、そういう選手に負けないようにしたい。興南の大城滉二先輩もいるので、一軍のレギュラー入れるよう頑張りたい」

 みやぎ・ひろや 2001年8月25日生まれ、左投げ左打ち。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス