社会

台風20号:21日に沖縄本島に最接近 22日には温帯低気圧に

19日午前9時現在の台風20号の経路図(気象庁ホームページから)

 台風20号(ノグリー)は19日午前9時現在、沖縄の南の海上にあり、時速約15キロで西北西に進んでいる。20日以降は北東に進路を変え、20日から21日にかけて沖縄本島地方に接近する見込み。

 沖縄気象台によると、今後発達し、暴風域を伴う台風となるが、沖縄本島地方に最接近する21日には勢力が衰え、暴風域はなくなると予想されている。22日には温帯低気圧に変わる見込み。

 19日午前9時現在の中心気圧は992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで中心から半径170キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。【琉球新報電子版】









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス