社会

川に浮かんでいた男性発見、命救う 内間早苗さんに感謝状 通勤途中で見つける

男性を発見し、いち早く110番通報をした内間早苗さん(右)と砂川喜久治豊見城署長=11日、豊見城署

 【豊見城】沖縄県豊見城市の饒波川で10月30日、うつぶせで浮かんでいた男性(70)=同市=を発見していち早く110番通報をしたとして、豊見城署は11日、同市宜保の内間早苗さん(37)に感謝状を贈った。男性は心肺停止の状態だったが駆け付けた警察と消防の救命措置を受け、一命を取り留めた。

 豊見城署によると、10月30日午前8時20分ごろ、通勤途中の内間さんが饒波川を通り掛かった際、川に浮かぶ男性を発見。自身で110番通報をした上で、他の通行人にも119番通報するよう要請した。通報を受けて豊見城署の警察官4人が駆け付け、3人が川に飛び込んで引き上げながら男性に心臓マッサージをし、病院に救急搬送した。

 救助された男性の家族からも直接感謝の言葉を伝えられたという内間さんは「命が助かってほっとした。本人や警察、消防の方の頑張りがあったからこそと思う。感謝状を頂きありがたい」と話した。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス