玉城デニー知事(左から4人目)に首里城再建の支援金を手渡すJTAの青木紀将社長(左から3人目)、RACの金城清典社長(同2人目)、JTAの糸数寛執行役員コミュニケーション部門長(左端)=15日、県庁

 日本航空(JAL)、日本トランスオーシャン航空(JTA)、琉球エアーコミューター(RAC)のJALグループは15日、首里城再建のための支援金1千万円を県に寄付した。

 JTAの青木紀将社長と糸数寛執行役員コミュニケーション部門長、RACの金城清典社長が県庁を訪れ、玉城デニー知事に支援金を手渡した。青木社長は「JTAが先頭に立って、JALグループ一同で首里城再建への取り組みを最大限、支援したい」と話した。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス