経済

アルフォートに久米島紅いも味 パッケージにはミッキー 沖縄で限定発売

「沖縄ディズニーアルフォート久米島の紅いも」のパッケージ(ブルボン提供)

 ブルボン(新潟県、吉田康社長)は12月3日から、久米島産紅イモ「ちゅら恋紅」を使ったチョコレート菓子「アルフォート久米島の紅いも」を沖縄限定で発売する。個装やチョコの絵柄にディズニーキャラクターがデザインされ、国内外の観光客へのお土産商品を目指している。

 紅イモペーストやパウダーの製造を手掛けるスイートフーズ久米島(久米島町、中本泰一郎代表)と共同で開発。紅イモパウダーをチョコに混ぜて紫色を出し、紅イモの優しい甘さが感じられる菓子に仕上げた。

 ブルボンの井手規秀取締役西日本営業部長は「紅イモの良さを生かした商品になった。長く愛される商品になってほしい」と話した。久米島町の大田治雄町長は「久米島の原料を使うことで生産農家の支援にもつながる」と述べた。

 那覇空港や県内の土産店などで購入できる。14枚入りで、希望小売価格は税別800円。


久米島産紅イモを使ったアルフォートをPRするブルボンの井手規秀取氏(左から3人目)、大田治雄久米島町長(同4人目)、スイートフーズ久米島の中本泰一郎代表(同5人目)ら=12日、那覇市泉崎の琉球新報社


関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス