社会

台風27号、先島へきょう深夜最接近 あすにも熱低に

気象庁ホームページより

 台風27号は21日、沖縄の南を北寄りに進んだ。今後さらに北上し、22日深夜から23日未明にかけて先島諸島に最接近する見込み。沖縄気象台によると、22日夕までには暴風域がなくなり、23日には熱帯低気圧になるとみられるが、台風と高気圧との間で気圧の傾きが大きくなっており、全域で既に強い風が吹いている。気象台は「強風域に関係なく強風に注意してほしい」と呼び掛けている。海もうねりを伴いしけている。


 21日午後6時現在、台風は石垣島の南約390キロを時速10キロで北西に進んでいる。中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。中心から半径70キロ以内は風速25メートル以上の暴風域で、北東側330キロ以内と南西側280キロ以内は風速15メートル以上の強い風が吹く。

 沖縄旅客船協会によると、21日は西表島の船浮航路の2便が欠航。22日は各社、早朝の天候をみて運航を判断するとしている。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス