社会

那覇の人気観光地で空き家が倒壊 やちむん通り、一部通行規制

 23日午前8時10分、沖縄県那覇市壺屋の木造平屋建て空き家で「一部が倒壊して崩れそう」などと近所の人から119番通報があった。那覇市消防局と那覇署が出動し、空き家から歩道に崩れ落ちた瓦などを片付けた。さらに崩れる可能性があるため「壺屋やちむん通り」の歩道の一部を通行規制にした。けが人はいない。近所の住民によると、空き家に住んでいた住民はここ数年内に亡くなったという。那覇市は親族と協議して今後の対応を決める。

 近くの土産店の店主は「他に崩れないか心配だ。歩道は観光客もよく通るので、けがでもしたら大変。早く対応してほしい」と心配そうに話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス