政治

首里城再建「国営事業で」 官房副長官が明言 官邸で関係閣僚会議幹事会

焼失前の首里城正殿=2018年12月撮影

 【東京】 首里城再建に向けた政府の関係閣僚会議幹事会が25日午前、首相官邸で開かれ、 杉田和博官房副長官は「国営公園事業として首里城の復元に向けて責任をもって取り組みたい」と説明した。幹事会には謝花喜一郎沖縄県副知事や、前回の首里城復元に関わった高良倉吉琉球大名誉教授らが出席した。

 杉田氏は「国と県が力を結集して復元に当たっていきたい」とも強調した。幹事会後、謝花氏は記者団に「県民の意見を受け止めて進めることも大事だが、正殿などについてはしっかりと国でやっていただくことも大事だ。国の事業でということについてはお礼申し上げたい」と話した。

 首里城再建に関しては、菅義偉官房長官をトップとする関係閣僚会議が近く開かれる見込みで、玉城デニー沖縄県知事も出席する方針。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス