山川穂高選手

 プロ野球の埼玉西武ライオンズの山川穂高選手(那覇市出身)がこのほど、首里城再建の支援金として那覇市に500万円を寄付したことが11月30日、分かった。市が活用しているクラウドファンディングのウェブサイト「ふるさとチョイス」を通じて寄付した。山川選手は来年1月、城間幹子市長を訪ねる予定という。

 山川選手は、29日には球団を通じて「美しく沖縄の象徴でもある首里城は県民の誇り」「時間はかかるかもしれないが必ず復活してほしい」とのコメントを本紙に寄せていた。

 また西武が30日、埼玉県所沢市で開催したファン感謝イベントでは、首里城の再建を支援する募金60万5176円が集まった。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス