教育

小学生が玉城デニー知事に送った年賀状は…首里城再建願う絵やメッセージ

首里城再建の願いを年賀状に込めた2年2組の児童ら=25日、うるま市立兼原小学校

 【うるま】「首里城がやけてしまってかなしい」「ぼくたちの力でぜったいにふく元させたい」。うるま市立兼原小学校(與古田思信校長)の2年2組の児童28人が首里城再建の願いを込めた年賀状を書いた。沖縄の歴史や文化を守っていく誓いを絵やメッセージに込め、玉城デニー知事宛てに送る。

 児童らは「首里城応援大作戦」と題した3回の授業で、25日までに年賀状を完成させた。はがきには色鮮やかな首里城の絵に添えて「ぼきんをがんばります」「わたしたちもりっぱな大人になって役に立ちたい。勉強をがんばります」など自分たちにできることも書き込んだ。


子どもたちが描いた年賀状=うるま市立兼原小学校

 稲垣紫野さん(7)は「気持ちを込めて大切に描いた。早く元通りになった首里城に行ってみたい」と話した。担任の宮城なつみ教諭は「子どもたちには気持ちを言葉にして伝えることの大切さ、自分の将来についても考える機会にしてほしい」と話した。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス