社会

初日の出が見られる時刻は?正月の天気は? 沖縄・初日の出予想

 令和に改元し最初の「初日の出」が年の瀬とともに迫っている。第11管区海上保安本部は県内の初日の出の予想時刻をホームページなどで発表した。11管によると、県内で最も早く初日の出が見られるのは午前7時ごろ、南大東村の日の丸山展望台。沖縄本島では午前7時12分に国頭村の与那覇岳山頂、次いで勝連城跡やニライカナイ橋が同14分ごろとなっている。毎年多くの観覧者が集まる南城市の知念岬公園では、久高島の南側から同15分ごろ日が昇り始める。県内で最も遅いポイントは、同30分ごろの与那国町の東埼。

 日の出は水平線と太陽の上辺が重なる時刻で、日が昇る方角は東南東。11管の野田秀樹海洋情報監理課長は「ホームページの情報を参考に、大切な方々と一緒に最高の日の出を迎えてほしい」と話している。

 沖縄気象台によると、元旦の天気予報はくもり時々晴れ(28日現在)、高気圧の範囲内で雲はあるが、日の出が見える可能性はあるという。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス