政治

西原町長選挙に崎原盛秀氏が出馬表明 「町民本位」決意語る

崎原 盛秀氏

 【西原】9月に投開票が予定される西原町長選で、立候補の意向を示していた前副町長で町議の崎原盛秀氏(62)が19日、同町内で記者会見し、出馬を正式に表明した。「町民本位、町民参画のまちづくりへ、全身全霊でまい進する」と決意を述べた。

 崎原氏は町総務課長や副町長など35年間の行政経験を踏まえ、「トップが動かないと何も変わらない」と強調。「トップセールスで町を売り込み、企業誘致、雇用創出につなげる。国保の累積赤字解消計画を見直し、財政の早期健全化を図る」と述べた。

 同町長選への出馬表明は現副町長の小橋川明氏(67)に続いて2人目。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス