スポーツ
釣りへ行こう

59センチの特大チンシラー

1月14日、与那原海岸 59センチ・3.41キロのチンシラーを釣った具志堅政希さん(チームBFC)

 具志堅政希さんはカーエーをメインで狙っているカーエー釣り師だが、カーエーのオフシーズンにはチンシラーを狙って実績を上げている。ここ7年くらいは毎年、50センチ以上のチンシラーを釣り上げ、一昨年は57・6センチを釣り上げた。

 1月14日もこれまでのデータから大型チンシラーの釣れる潮回りと予測し、午後7時ごろからオキアミを餌にウキ釣りを開始した。20分ほどでモゾモゾとウキにアタリが出た。少し待ってからアワセると、2号竿(ざお)が大きく曲がった。最初からチンシラー狙いだったので、道糸もハリスも4号にしており、ある程度は強引にやりとりができたが、それでも途中で3回ほど大きく引いた。しかし、魚を浮かせ、空気を吸わせると意外にあっさりとタモ網に収まった。これが“県記録”にあと少し足りない59センチ、3・41キロの特大チンシラーだった。

 11日午後8時から翌12日正午にかけてM-1カップチヌ釣り大会が開催された。チヌ釣り大会としては県内最大のこの大会には、今年も153人が参加して期間中に釣れたチヌ5匹の総重量を競った。主な結果は次の通り。

 1位加福大地 5匹6350グラム▽2位新里光 5匹3360グラム▽3位翁長良次 4匹2080グラム

(おきなわ釣り王国社・仲栄真修)


1月13日、西原海岸で91センチ・7.55キロのオニヒラアジを釣った國吉聡さん

1月19日、三重城海岸で47.5センチ・2.3キロのガラサーミーバイを釣った國仲秀信さん


1月12日、M―1カップチヌ釣り大会で5匹6.35キロを釣り上げ優勝した加福大地さん

1月15日、金武海岸で75.5センチ・8.16キロのマクブと62.7センチ・3.34キロのタマンを釣った島田尚典さん(チーム:珍福会)


1月19日、屋慶名海岸で74.5センチ・2.48キロのコチを釣った玉城卓郎さん

1月19日、那覇港で64.5センチ・1.71キロのコチを釣った崎浜有矢さん


1月18日、与那原海岸で45.5センチ・1.52キロのチンシラーを釣った森江真吾さん

1月11日、波照間島で67センチ・3.5キロのウムナガーを釣った當山正宙さん


1月10日、佐敷海岸で63センチ・4.95キロのマクブを釣った栄野元繁さん

1月20日、那覇海岸で52センチ・2.8キロのチヌを釣った中村優人さん


釣りへ行こう
関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス