社会

朝から寒い!沖縄に冬到来 13観測地で最低気温を記録 国頭村奥で11・3度 31日も冷え込み

寒気の影響で寒くなり、街頭を行き交う厚手の装いの人たち=30日午前、那覇市泉崎

  沖縄地方は30日、大陸の高気圧の張り出しによって上空の寒気が流れ込んでいる影響で冷え込み、県内の13観測地点で今季最低気温を記録した。国頭村奥で午前7時41分、や南城市糸数で午前4時30分に最も寒い時期を下回る最低気温11・3度を観測した。石垣島地方では8地点すべてで今季最低気温を記録し、竹富町大原(西表島)では12・9度を記録した。
  
  沖縄気象台によると、30日の沖縄地方は寒気の影響で曇り、ところにより弱い雨が降る予報。昼すぎから次第に北西または北の強い風が吹く見込み。寒気の影響は30日夜から31日朝方にかけてピークを迎え、県内は31日にかけて冷え込む見通し。2月2日ころからは平年に近い気温となる予報となっている。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス