経済

牛丼の「松屋」が沖縄に1号店 人気の「牛めし」中心に24時間営業

沖縄県内初出店した松屋のうるま石川店=29日、うるま市石川

 全国で牛丼チェーンの「松屋」を展開する松屋フーズ(東京、瓦葺一利社長)は29日、「松屋うるま石川店」をうるま市石川白浜の県道225号沿いに開店した。主力商品の「牛めし」を中心に24時間営業で提供する。総席数40席で、ドライブスルーにも対応している。

 同社は2018年に、とんかつ専門店の「松のや」を北谷町に開店し、現在までに沖縄市と那覇市を合わせた計3店舗を出店している。沖縄展開のノウハウを培い、人口増加や観光客の需要などを踏まえて「松屋」の出店を決めた。

 現時点で2号店以降の計画は決まっていないが、同社事業推進部の邑山由生人グループマネジャーは「松のやの展開で沖縄の市場の大きさを感じた。手応えがつかめれば、店舗をさらに増やしたい」と話した。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス