スポーツ
釣りへ行こう

浜比嘉で32キロ大物ガーラ

1月28日、浜比嘉島で129センチ・32.3キロのガーラを釣った宮里政斗さん

 タマンやガーラ(ロウニンアジ)で実績を上げている釣りクラブT.N.F.Cに所属している宮里政斗さんは、釣り歴6年ながら75センチのタマンや22キロのガーラを釣った実績のある大物釣り師。

 1月27日は午後9時から浜比嘉のマル秘ポイントで、シガヤーダコを餌に80メートルほど遠投してガーラのアタリを待った。しばらくは餌になる魚のアタリさえ無かったが、午後11時半にいきなり竿が海面に向かって突き刺さり、センサーが鳴り響いた。慌てて竿を手に取り、大物とのファイトを開始した。必死に竿を持ち、フルドラグで強烈な引きに耐えるが、200メートル巻いた糸がほとんど引き出され、残りはわずか。スプールを手で押さえ、ラインの出を止めると、渾身の力で竿を立て、ポンピングで応戦すると、じわりじわりとリールに糸を巻き込む事が出来た。15分ほどの死闘で、少しずつ寄せては、スプールが見えるほどラインを引き出されること3回。

 さすがの大物も疲れたのか、徐々に足元まで寄せる事に成功。暗闇に浮かんだ魚体は自己記録の22キロより大きい。慎重に浅場まで移動してからギャフ掛けて引き上げたのが129センチ、32・3キロの大物だった。

 (おきなわ釣王国社・仲栄真修)


1月20日、読谷海岸で116.5センチ・20.3キロのガーラを釣った新垣喜和さん

1月4日、辺戸岬で105センチ・18キロのミーバイを釣ったデウィン・カットマンさん


1月22日、慶良間で78.5センチ・5.99キロのウムナガーを釣った大城武志さん

1月24日、慶良間で63.5センチ・4.17キロのゲンナーイラブチャーと54センチ・2.09キロのチヌマンを釣った宮平聖也さん


1月23日、曙で33センチ・0.76キロのカーエーと32センチ・0.52キロのチヌを釣った村吉璃空さん

1月24日、伊平屋島で77.5センチ・9.35キロのアカナーを釣った松本玲央成さん


1月4日、チービシ沖で9.3キロのイヌバーを釣った稲福融さん(アクア2)

1月23日、小浜島で79.5センチ・8キロのウムナガーを釣った仲間大樹さん


1月22日、古宇利島で0.98キロのクブシミを釣った飯田剛さん

12月14日、宜野座海岸で1.08キロのアオリイカを釣った田嶋文賀さん(Ao&Kubu)


釣りへ行こう

するするスルルー釣り

2020年7月24日 17:37

カヤックで特大アカジン

2020年7月17日 15:25

親子で楽しむミーバイ釣り

2020年7月3日 15:55

うるまでアカジン大物

2020年6月26日 17:29

那覇一文字で大物タマン

2020年6月19日 15:03
関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス