教育

205人が学び舎巣立つ 沖縄で一番早い卒業式

在校生から紙吹雪で祝福を受ける昭和薬科大学付属高校の卒業生8日、浦添市の同校

 浦添市の昭和薬科大学付属高校(諸見里明校長)で8日、県内高校のトップを切って卒業式が行われた。205人の卒業生が卒業証書を受け取り、中学生からの6年間を過ごした学び舎を巣立った。

 卒業生は式を終えた後、校舎を巡り、待ち構えていた在校生から紙吹雪で祝福を受けた。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス