社会

宜野湾市の一部で水道水の飲用禁止 高濃度塩素が含まれる水が一般家庭に流出 

水道水(イメージ図)

 【宜野湾】宜野湾市上下水道局によると、18日午後4時ごろ、塩素消毒をしていた長田第二配水池から、高濃度の塩素が含まれる水200キロリットルが一般家庭に流出したことが確認された。市は、同配水池から水が供給される嘉数と真栄原、宜野湾、我如古、大謝名の5地域で水道水の飲用禁止を呼び掛けている。


高濃度の塩素が一般家庭に流れ出た宜野湾市の長田第二配水地=18日、同市長田

 本来なら1ミリグラム/リットル以下となるべき塩素濃度が、5倍の5ミリグラム/リットルになっているという。流出原因は機械の故障とみられる。現在、水を流して塩素を薄める作業を続けている。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス