スポーツ

女子プロゴルフ開幕戦、無観客での開催決定 新型コロナでダイキン 3月のプロアマ戦は中止

ダイキンオーキッドレディースゴルフトーナメントの最終日で大勢のギャラリーの前で力強いティーショットを放つ比嘉真美子=2019年3月10日、南城市の琉球GC

 女子プロゴルフの国内ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディストーナメント」(3月5~8日・沖縄県南城市)が新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、無観客で開催されることになった。19日、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)と大会主催者が発表し、3月4日のプロアマ戦の中止も決まった。

 女子ツアーでは昨年10月のスタンレー・レディース(静岡県)が台風19号の接近により一部を無観客で行ったが、大会全てで観客を入れないのは極めて異例。主催者は「ギャラリー、選手、ボランティアの安全確保の観点」と理由を述べた。

 米女子ツアーでも中国などアジアで行われる予定だった3試合が中止。3月の東京マラソンが一般ランナー抜きでの実施が決まるなど感染拡大に伴い、スポーツ界に影響が広がっている。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス