エンタメ

「ミス・サイゴン」主役に屋比久知奈さん 高畑充希さんとダブルキャスト ミュージカルで「究極の愛」描く

ミュージカル「ミス・サイゴン」製作発表記者会見に臨む主人公キム役の屋比久知奈さん(右端)と同じ役の高畑充希さん(右から4人目)、初演からエンジニア役を務める市村正親さん(同5人目)と同役に初挑戦する伊礼彼方さん(同7人目)=26日、東京會舘

 【東京】1992年の日本初演以来、大ヒットしたミュージカルで4年ぶりの公演となる「ミス・サイゴン」(東宝)の製作発表会見が26日、東京都の東京會舘であった。主人公のキム役に県出身の屋比久知奈さんのほか、エンジニア役に父が県出身の伊礼彼方さんが初出演する。エレン役に知念里奈さんなどの配役が紹介された。

 ベトナム戦時代、主人公のベトナム人少女キムと米兵クリスとの愛から別れを軸に「究極の愛」を描く。日本初演では本田美奈子さんがキム役で好評を博した。今回、キム役で高畑充希さん、エンジニア役で初演から出ている市村正親さんらも出演する。

 昨年の「レ・ミゼラブル」に続く大役の屋比久さんは、帝劇のミュージカルのど自慢で最優秀賞を受けたのがキムの名曲「命をあげよう」。「新しい気持ちでキム役として歌えることに喜びを感じ、覚悟を持って臨みたい」と話した。伊礼さんは「ゼロからで先輩の背中をしっかり見ていきたい」と抱負を述べた。

 ミス・サイゴンは5月19日から東京を皮切りに、全国8都市で公演される。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス