社会

卒業式出席、保護者「禁止」から一転「2人まで」 要請受け那覇市教委 マスクと消毒の徹底を条件

 那覇市教育委員会は卒業式で保護者の出席を控えるよう通知していたが、市PTA連合会などの要請を受けて2日に判断を変更し、保護者の出席を認めた。生徒1人につき2人まで出席できるようにする。

 市教委は卒業式を教職員と卒業生で行うことを決め、2月28日付で「保護者の参加はご遠慮ください」と求める通知を保護者向けに出していた。通知を受け、市PTA連合会(知名定徳会長)は2日、那覇市教委の田端一正教育長らを訪ね、マスク着用や消毒の徹底などを条件に保護者の参加を認めるよう求めた。

 市教委は市PTA連合会の要請を受けて再検討し、判断を変更。保護者の出席を認める新しい通知をホームページに掲載した。

 知名会長は「保護者にとっても大事な節目なので、市教委が参加を認めてくれたことに感謝したい」と話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス