経済

景気判断、8年11カ月ぶりに下方修正 日銀那覇支店 新型コロナで観光産業が落ち込み

日本銀行那覇支店

 日本銀行那覇支店(桑原康二支店長)は6日、沖縄県内金融経済概況(主要指標1月)を発表した。県内景気について「基調としては全体として拡大しているが、足もとでは新型コロナウイルス感染症の影響などが広範化している」とした。「全体として拡大」という基調判断を78カ月連続で維持したが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大などで観光産業を中心に落ち込みが目立つことなどから、景気判断自体は2011年4月以来8年11カ月ぶりに下方修正した。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス