社会

ウミガメの産卵場を整備 辺野古新基地建設で防衛局 市民らが保護策を疑問視

K9護岸近くの浜辺でウミガメの産卵場を整備する作業員=9日、沖縄県名護市

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局は9日、埋め立て工事のための土砂投入作業を続けた。米軍キャンプ・シュワブ沿岸のK9護岸近くの浜辺では、沖縄防衛局がウミガメの産卵場を整備する様子が確認された。抗議船の船長によると、かつてウミガメは新基地建設現場で産卵をしており、整備中の浜辺で目撃した経験はないという。船長は「専門家に従っているのか。これでウミガメが戻ってくるとは思えない」と疑問視した。
 
 抗議船の乗船した市民は「弱い生態系を一度壊しておいて、重機を使って再び人間が整備するという発想が理解できない。見せかけだ」と憤った。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス