社会

美ら海水族館16日から開館 「1~2メートルの間隔開けて観覧を」

水槽内をゆったりと泳ぐジンベイザメ=沖縄美ら海水族館

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて、2日から休館していた本部町の沖縄美ら海水族館は16日から、約2週間ぶりに開館する。海洋博記念公園内で同日から開館するのは水族館のほかマナティー館、ウミガメ館、総合休憩所美ら海プラザなど。

 再開に当たって、水族館入り口にサーモグラフィーカメラを設置するほか、感染拡大防止のために館内の非常扉の一部を開放して換気する。一方、「イノーの生き物たち」(タッチプール)やイルカショーなど、一部プログラムについては引き続き中止している。

 同水族館はホームページで、せきや発熱など風邪症状のある場合は来場を控えるよう呼び掛けているほか、来場客同士で約1~2メートルの間隔を空けて観覧するよう求めている。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス