経済

JTAが60便を減便 新型コロナ影響の需要減で

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は29日から4月5日の期間中、那覇と福岡、宮古、石垣を結ぶ路線で60便を減便すると発表した。新型コロナウイルスの影響により需要が減少しているため。福岡―那覇で10便、那覇―宮古で26便、那覇―石垣で24便を減便する。

 減便対象を予約している人には代替便で対応している。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス