社会

きょうは「三枚肉の日」? 28年間、横断幕でPRし続ける男性がいた!

道行く人を楽しませている山元朝滋さんの横断幕。見たら三枚肉が食べたくなる=27日、糸満市内

 【糸満】「三枚肉ジョーグ(好き)に悪い人はいない!」。謎の横断幕が糸満市内2カ所に飾られ、道行く人を楽しませている。設置したのは、幼少から三枚肉をこよなく愛する山元朝滋さん(59)=糸満市、自営業。28年間にわたり糸満市から「三枚肉の日」をアピールしようと、「おいしく三枚肉を食べましょう 3月29日は三枚肉の日」と呼び掛ける。山元さんは「見た人がクスッと笑って『夕飯は三枚肉にしよう』と思ってもらえたらうれしい」と笑顔で話す。

 山元さんが幼少のころ、祖母・カマドさん(故人)に勝新太郎のものまねを披露すると、褒美で夕食は三枚肉かソーキだった。以来、三枚肉が大好き。20代には食べ過ぎて体調を崩し、入院したことも。

 1993年に「三枚肉の日」を思い付き、ラジオに投稿してPRしていた。95年ごろに横断幕を作り、毎年2月末から3月末まで掲示する。

 西川区公民館と県営潮平高層住宅近くの2カ所の橋に掲げた横断幕は、三枚肉をPRするだけ。「どこの誰がやっているのか分からないのがいい。私はただのシシ(肉)ジョーグー」

 山元さんの好きな食べ方は白米に三枚肉を載せた「三枚肉丼」。以前は週1回食べていたが「最近は血圧が気になって…」と健康で食べ続けるため、月2、3回に減らした。豚熱(CSF)の発生も心配し「豚熱は人間に影響しないので、みんなでおいしく三枚肉を食べましょう」と呼び掛けた。

(豊浜由紀子)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス