社会

焼け残った首里城北殿の鉄筋撤去始まる 4月下旬までに完了 公開へ遊歩道整備

重機で首里城北殿の鉄骨やコンクリートを崩す作業員=31日午前、那覇市の首里城公園

 沖縄総合事務局は31日、火災で焼失した首里城正殿などの再建に向けて、焼け残った北殿の鉄骨やコンクリートの撤去工事を始めた。ゴールデンウイークまでに正殿地下の遺構を一般公開する方針。公開部分にあたり歩行ルートを確保するため、4月下旬ごろまでに北殿の撤去と遊歩道の整備を完了させる予定だ。

 同日午前、報道陣に作業が公開された。作業員が重機を使って天井や壁の一部を崩したり、粉じん防止のためにホースで水をかけたりしていた。沖縄総合事務局によると、北殿周辺のがれきの撤去はおおむね終了しているという。今後、南殿や黄金御殿、二階御殿の撤去作業を進める。【琉球新報電子版】




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス