社会

沖縄県が子どもの居場所施設に食費助成 上限5万円

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う学校の休校で、困窮世帯の児童らを支援する「子どもの居場所」で食事をする子どもの増加が予想されるため、沖縄県は8日、施設に食費を助成すると発表した。1施設当たりの助成額は上限5万円。期間は臨時休校が終了するまで。個別の子どもに弁当配達や食事提供をする場合に補助する。休校期間が延長となった場合は支援策の延長も検討する。


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス