政治

コロナ対策会議に手話通訳導入 沖縄県、今後は知事会見にも

 沖縄県は11日から、新型コロナウイルス感染症対策本部会議に手話通訳者を配置した。今後、知事の定例記者会見でも対応する予定。会議や会見での玉城デニー知事の発言を手話通訳し、県のホームページで公開する。県によると、新型コロナウイルス感染症への対応が起きる以前から、手話通訳の配置を求める声が聴覚障がい者の団体や個人から寄せられていたという。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス