社会

石垣、竹富「絶対に」来島しないで 観光客への訴え強める

景勝地・川平湾を望む川平風致公園。22日から5月6日まで利用停止のため閉鎖される=21日、石垣市

 【石垣・竹富】新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、独自の緊急事態宣言を発表した沖縄県石垣市の中山義隆市長と竹富町の西大舛高旬町長は21日、市役所で会見を開き「絶対に来島しないで」と観光客らに呼び掛けた。これまでも来島自粛は呼び掛けていたが、大型連休が近いため、訴えの強さを引き上げた。

 市は観光客の来島を抑えるため、22日から5月6日にかけて、景勝地・川平湾を望める川平風致公園など市管理の観光関連施設11カ所の利用を停止する。職員も配置する。

 中山市長は、現状でも全国の観光地で域外から人が多く訪れる事例があると指摘。市内でも観光客が散見されるとして、大型連休に多くの観光客が来島する可能性があると指摘した。

 その上で「ウイルスが持ち込まれた場合、これまでの取り組みが水の泡になる。現状では積極的なおもてなしはできず、逆に島民から敬遠されて不快な思いをするかもしれない」と訴えた。島出身者にも帰省しないよう強く求めた。

コロナ最新情報・家庭での対策は?


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス