社会

那覇空港でまた250キロ爆弾発見  那覇発石垣行きなどの2便欠航

那覇空港の第一滑走路で2発目の不発弾が発見された=23日

 23日午前3時ごろ、那覇空港の第1滑走路の工事現場で沖縄戦当時のものとみられる米国製250キロ爆弾が新たに発見された。17日にも工事現場周辺から250キロ爆弾1発が発見されていて2発目。

 この影響で既に閉鎖中の第1滑走路に加え、周辺の誘導路と約4分の3の駐機場が一時閉鎖されたが、発見現場の保管作業が終わったため、同日午前9時半に周辺誘導路などの閉鎖は解除された、那覇発石垣行きなどの2便が欠航し、7便が遅延した。

 那覇市は現在、発見された不発弾の処理に向けて自衛隊などと協議している。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス