社会

DV被害者、避難先でも給付金の受け取り可能 事前手続き開始 各市町村が窓口

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国民に現金10万円が一律で給付されることを巡り、世帯主の暴力から逃れて自宅から避難している親子らが給付金を受け取るための事前手続きが24日、各市町村の窓口で始まった。10万円の「特別定額給付金」は、世帯主の口座に家族分がまとめて振り込まれる。総務省は、避難している人が申し出手続きを経ることで、給付金の申請が行えるようにした。申し出書は市町村窓口や総務省ホームページなどで入手できる。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス