社会

食事無償提供の施設に10万円支給 子どもの未来県民会議

 新型コロナウイルス感染拡大防止で沖縄県内の学校の休校が延長されていることを受け、沖縄子どもの未来県民会議(会長・玉城デニー知事)は8日、食事を無償提供する飲食店に10万円の協力金を支給することを決めた。

 支給対象は、子どもの居場所や子ども食堂、貧困家庭に食事を無料提供している飲食店で「こども未来協力店」として認定する。市町村か市町村社会福祉協議会の推薦が必要で、5月8日から31日までの間に5日以上、計300食以上の食事を無償提供できることが条件。

 県は飲食店への支援とは別に、子どもの居場所、子ども食堂を対象にした5万円の食費支援も5月24日まで延長する。問い合わせはいずれも県子ども未来政策課(電話)098(866)2100。


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス