教育

ビニールで仕切り塾再開 対面授業の良さ、生徒実感

久しぶりに塾で講義を受ける中学生ら=14日、那覇市首里の志学塾

 県の休業要請が大半で解除された14日、対象となった学習塾でも再開の動きがあった。那覇市首里の志学塾でも同日、講義を再開した。久しぶりに教室を訪れた生徒らは「これまで一人で宿題を解いてきたが、直接教えてもらえるようになって良かった」と安心した様子だった。

 コロナ感染が収束していないことも受け、志学塾は同じ時間帯に受け入れる生徒を最大2人までとしたり、講師と生徒の間をビニールで仕切ったりするなど3密対策も怠らない。

 志学塾は4月24日~5月6日まで休業し、12日からオンライン授業を始めた。講師の橋詰洋さんは「オンライン指導もいいが、生徒の間違いをすぐに指摘できず、限界もあった」と対面授業の再開を歓迎した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス