政治
新型コロナウイルス感染症

玉城デニー知事がコロナ医療現場視察 県立中部病院や県衛生環境研究所

椎木創一医師らから現場の説明を受ける玉城デニー知事(右端)=25日、うるま市の県立中部病院(県提供)

 玉城デニー沖縄県知事は25日、うるま市の県立中部病院、県衛生環境研究所、沖縄市の中部保健所を回り、新型コロナウイルス感染症対策に当たる医療現場や相談窓口、PCR検査の態勢などを初めて視察した。感染拡大で見えた課題や現場の声を把握し、今後の医療体制に生かしていく。

 中部病院では、椎木創一医師らから、不足していた防護服の調達や救急体制の維持などについて話を聞き、集中治療室(ICU)の様子なども外から視察した。中部保健所では相談が殺到し、調査業務がなかなかできない状況下にあったことなどの説明を受けた。

 県内の感染状況が落ち着いてきたことから、現場を視察した玉城知事は「県民の命と健康を支えていくために現場の声を行政の取り組みに予算を含めてしっかり反映させ、医療福祉の現場とつながる県行政をつくっていきたい」と述べた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス